ホーキング博士は語る 「天国など寓話だ」 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


ホーキング博士は語る 「天国など寓話だ」

heaven.jpg
Photo:FreeDesktopBackground

ケンブリッジ大学の著名な科学者・宇宙学者・理論物理学者であるスティーブン・ホーキング博士が死後の世界について、英メディア、ガーディアンのインタビューで語っている。

「天国など存在しない。死後の闇を恐れて作られた寓話だ。」

人は生前の行いにより、天国に行く、地獄に行くと言われるが、ホーキング博士はこれを科学的・理論的とは考えていない。人間の脳をコンピューターであるとみなし、「部品が壊れれば止まる」と語っている。

人はどの様に生きればいいのか?という問いに対しては、「行動の価値を最大化する努力を怠らないことだ。」と語っている。


死後の世界の存在。
誰もが一度は考えたことのある永遠の謎も天才の手にかかっては一刀両断だ。
今を一所懸命生きることが大切。簡単に口に出来るホーキング博士はハンデを負いながらも悔いのない人生を歩んできたことだろう。

ホーキング博士は「死後の世界」の他にも、過去にタイムトラベルが不可能であるとする説を提唱している。過去に戻る為の閉ざされた時間線が存在する為には場のエネルギーが無限大でなくてはならないという。この話を聞いても、空間にぽっかりと開くドラえもんのタイムマシンの入り口くらいしか想像出来ないが、サイエンスフィクションもホーキンズ博士の手に掛かっては絵空事になってしまうのであろう。

ちなみにホーキング博士は大のSF好きとして有名である。

ソース: The Telegraph

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/93-bee73deb

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。