罰を与えよう。それは「冷たいサンドイッチ」 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


罰を与えよう。それは「冷たいサンドイッチ」

cold_sandwitch.jpg

Photo: udi's

米ペンシルバニア州のハリスバーグ学区がちょっと変わった礼儀作法指導法を試みている。

「食事の後片付けを怠る」「作法がなっていない」

これは家庭環境や社会環境そのものに影響されるマナーだ。確かにアメリカのフード・コートやファースト・フード店では乱雑に散らかされたまま席を立つという行動を良く見かける。

同学区にあるキャンプ・フルーツ校では今週生徒達はマナーの悪い生徒達への罰として「1週間、冷たいサンドイッチしか昼食に出さない」というのを試みている。


この食事作法改善計画を実行した学校区の事務局は、「冷たいサンドイッチ」は生徒の行動改善に確実に寄与していると語っている。
もちろん理解を示さない親や生徒はいるようで、事務局は「最低限とは何かを生徒に教えようと試みています。ただ、フルーツや野菜も付け栄養バランスは考えています。」と語っている。

ふと思ったのはセブンイレブンやローソンのサンドイッチも冷たいということ。パンは冷えても食感の変化が少ない為、PH調整剤等を使用しなくとも良いようサンドイッチはチルド温度帯で販売されているのだ。要するに日本人に取っては普通だ。果たして罰になるのか?

良く言われることだが、欧米人は唾液量が多いため日本人とは味や食感の感じ方が違うらしい。日本にはダブルソフトなどに象徴される「柔らかくてしっとりとしたパン」が沢山ある。そうゆうパンは欧米人には好まれないらしい。好まれるのはより詰まった感じの重いパン。欧米人にはなれないので真実は確認しようがないが、それだけ味覚の違いがあるのは確かだろう。「冷たいパニーニを食べろ」と言われたら日本人は嫌だが、欧米人はどうなのだろう。

ちなみに通常の暖かいサンドイッチは来週月曜から提供されるとのこと。確かに食事は暖かい方がおいしい。だからから罰になるということか。

ソース:Pennlive.com

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/88-34b22c99

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。