頭の中の銃弾と23年間付合った男 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


頭の中の銃弾と23年間付合った男

bullet.jpg

Photo:Bullet Forge

Telegraphの記事によると、中国に23年前に頭に入った銃弾の摘出手術を行った男性がいる。

河北省北部に住む王氏は、1988年仕事帰りに頭を撃たれた。王氏はパチンコか何かで打たれたと思っていたという。
その後彼はてんかんの症状で苦しむことになる。

「始めは痙攣はひと月に一回程度だった。だんだんと頻度が増し、1日に2-3回起こる様になった。」王氏は地元のTV局のインタビューで語っている。


担当医の脳神経外科医は、「固い頭骸骨が銃弾の貫通を食い止めたようだ。もし少しでも銃弾の勢いが強く、右寄りだったら王氏は死に至っていただろう。」とコメントしている。

摘出された銃弾は錆び付いており、2cmにも及ぶという。

王氏が誰かに狙われたのか流れ弾に当ったのか、今となっては知る由もないが、王氏が頭を撃たれながら23年間も生き続けた奇跡に驚く。正に生と死は紙一重だ。

ソース:AllWeirdNews

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/72-f942ce28

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。