カリフォルニア海外線に「謎の鮫の死体」 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


カリフォルニア海外線に「謎の鮫の死体」

leopard shark photo by:cathe

カリフォルニア州レッドウッド・シティの海岸線でここ数日間の間にイタチ鮫に分類されるヒョウ鮫の死体が複数発見されている。

鮫は既に死んでいるものや瀕死の状態でもがいている状態が確認されているが、原因ははっきりとしておらず、研究者は感染症や毒素の影響もあるとして警告している。
同エリアでは2006年から2007年にかけても、海岸線を鮫の死体が埋め尽くすほどの惨事が発生しているが、今のところその当時の惨状には至っていない。

ヒョウ鮫は通常2m近くまで成長し、約40年間生きるとされる強い生命力を持つと言われるが、レッドウッド・シティで確認されているのは30cmから1mの子供から大人まで、彼らは海岸線の土の上に顎を乗せて休んでいるようにも見え、岸に向かい這い上がろうとしているようにも見えるという。


同エリアで穀物大手カーギル社が9000エーカーの製塩池があり、2006-2007年にかけて精製塩の副産物となる「にがり」654,000リットル海に廃棄し、魚を死に至らしめたとして約2千万円の罰金を課せられたことがあるという。今回の件との関連性に関し、カーギル社はオフィシャルなコメントは公表していない。

研究者・科学者は引き続きレッドウッド・シティ周辺地域のモニターを続けるとしている。

東北沖大震災以来、海底の生き物の生息域に乱れが生じており、普段は見かけない魚種が色々なところに現れると言う報告が多数レポートされている。今回のヒョウ鮫の一件は恐らく天変地異とは無縁なところに原因がありそうだ。

ソース: SFGate

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

全力全開

はんまーかんまーw(*´ω`)b→ http://nn7.biz/anime/movie.html

2011-10-05 15:06 | from sonin | Edit

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/63-5e9faf99

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。