夜間の銀行に不法侵入したのはなんと・・・・!! - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


夜間の銀行に不法侵入したのはなんと・・・・!!

モーツァルトはもちろん、マーラー、ブルックナーにシューベルト。オーストリアが生んだ著名音楽家は多い。
ウィーンの森に足を運べばフルートの音色さえ聞こえてきそうな雰囲気を持つ国だ。

そんなオーストリアのブルック·デア·ライタ。その街でちょっと奇妙な銀行不法進入事件があった。

舞台はライファイゼン銀行。都心立地だ。

始めに気付いたのは清掃人の女性。入り口のガラス戸についた不自然な汚れや痕。
何者かが銀行に侵入したと思い行員達は監視カメラの映像を確認した。そこに写っていたのはなんと一頭の「野生いのしし」
行員達は目を疑うことになる。

いのししは何らかの方法でドアをこじ開けて行内に進入し、銀行内の全ての機械類を見回して立ち去った。
金目のものには興味がない「いのしし君」にとっては、単なる博物館見学の様なものだったのだろう。


wild boar

さて、最大の謎はいのししがどうやって厳重な警備を誇る銀行構内に侵入出来たのか、という点。
行員のセキュリティ関連の技術者はこの謎を懸命に解こうとしているのだが。。今の所いのししは力ずくでロックされた扉をこじ開けたと考えられている。しかし、ドアには何のダメージもない。進入方法は謎のままだ。

いのしし使いの強盗が現れる前に技術班はセキュリティ強化を迫られることになるだろう。

ソース・Image:austrian times

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

ザルなセキュとイノシシとか行内で芋煮会でもしてたのか?

2012-07-16 11:23 | from  

No title

ドアの鍵自体が開いてたのか?

2012-07-16 16:09 | from プラチナムな名無し

No title

あれはイノシシの皮をかぶったルパンだよ

2012-07-17 09:39 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/594-4a5f0668

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。