100年前のベースボール・カードの価値は2億4千万円wwwwwwww!! - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


100年前のベースボール・カードの価値は2億4千万円wwwwwwww!!

cy young baseball card
Image:America's Story

小学生の子供達はいつの時代も有名野球選手に憧れるもの。最近はサッカーなどに押され気味だが。。

そんな子供の心をひき付けるベースボール・カード
ひいきにしているチームの有名選手を引き当てればうれしいものだ。
長島茂雄や王貞治の全盛時代なら、彼らを引き当てる為にどれだけスナック菓子を買うことになったのだろう。今でこそベースボールカードは5枚10枚という単位でトレーディングカードとして販売されているのが常だが。日本ではスナック菓子のおまけとしての方が親しみがあるだろうか。昔、アメリカではタバコのおまけだったこともあるようだ。

さて、アメリカはオハイオ州在住のカール・キスナー氏が屋根裏部屋の掃除中に見つけたのは祖父の所有品であった薄汚れた箱。木製の人形箱の下に眠ってたらしい。
箱を空けて出て来たのはベースボールカードなのだが、そこに記されている名前は「サイ・ヤング」(ダルビッシュがサイ・ヤング賞取るか取らないかと騒がれているが、往年の名投手だ)、「ホークス・ワグナー」、そしてイチローのプレースタイルにも例えられる「タイ・カップ」、往年の名選手の名前がズラリと並ぶ。


キスナー氏の祖父は肉屋を営んでおり、ベースボール・カードは菓子卸が販促用に配布したもの。これが非常に良い保存状態で残っていたようだ。

総枚数700枚に及ぶ貴重なカードが見つかっており、その内最も貴重な37枚だけでも50万ドル(約4千万円)の価値があるという。カード700枚の価値は3ミリオンドル。日本円では約2億4千万円。キスナー家は一夜にしてミリオネアとなった。

屋根裏、物置、押入。実家の本棚の裏、そして倉(もしあればの話だが)
普段は手を出さないグレーゾーンをくまなく調べれば意外なお宝が見つかる可能性がある。
手塚治虫先生の初期作品(しかも未開封)なんてのが出て来るかもしれない。たまには実家に帰って色んなところをほじくりかえしてみよう。

そして、イチロー・ダルビッシュなどのベースボールカード。これは曾孫の為に買いまくってそのままアルミホイルにくるんで保存だな。

ソース:NESN

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

実家にたくさんあるけどくしゃくしゃじゃ価値ないかな

2012-07-15 11:58 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

画像の人がサイ・ヤングなの?

2012-07-15 12:32 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

歴史の浅いダメリカらしいw

2012-07-15 12:41 | from プラチナムな名無し

No title

初期の野球カードは菓子の販促用やなくタバコだよ。

でえ、ワグナーのが高い理由は彼が禁煙派で既に刷り上たカードの配布を許可しなかったからでつ。

ちなみに、ワグナーは野球殿堂入りした最初の5人の内の1人でえアメリカンではTV映画にもなっておます。

2012-07-15 14:37 | from プラチナムな名無し

No title

この手のコレクターズアイテムが金になるという価値観が出来上がってしまった現在、将来の利殖を狙って収集に走ることは意味のないことになってしまった。
日本が再び空襲にでもあって全土が焼け野原にでもならない限り、このような一攫千金はありえないであろう。
ちなみに私は合法的に某国際的有名アニメーターによる某国際的有名作のレイアウト及び原画、タイムシートを相当数所持しているが、孫の代までは売り立てはするなと息子に言い聞かせている。

2012-07-15 15:23 | from 地獄の紅羊

No title

>タイ・カッ「プ」

カッ「ブ」ですが。(Cubb)

2012-07-15 17:17 | from プラチナムな名無し

No title

プの方が一般的だな

2012-07-15 18:43 | from プラチナムな名無し | Edit

Re:

>某国際的有名
>某国際的有名

の2連発に笑わせていただきました

2012-07-15 22:35 | from プラチナムな名無し

No title

こういうの見ると、いかに時間というものが価値があるものか
考えさせられる。同じものを作ることは可能だけど
その物に100年という時間をプラスするには
100年という時間が必要だ。物を大切にするという基本的
な精神がただの野球カードに100年という時間をプラスし
カードをダイヤモンドに変えたのだ。



2012-07-24 10:15 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/592-d80ab2a2

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。