【世界一背が高い男】ついに成長が止まる - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


【世界一背が高い男】ついに成長が止まる

world tallest man
Image:Bellenews

スルタン・コーセン氏。29歳。トルコ在住。

彼はギネスブックに現在最も背の高い男性として認定されている。今のところ3年連続で認定されているのだが、毎年違う身長が記録されている。そう、彼は成長し続けていたのだ。

そしてついに過去3か月間でコーセン氏の成長が止まったことが確認された。アメリカで最新鋭の治療を受けた効果が現れたようだ。

コーセン氏が最初に世界一背が高い男の認定を受けた時、身長は2メートル42センチだった。2度目は2メートル45センチ。そして現在彼の身長は2メートル47センチを超えている。
ちなみに彼は28.5センチの手のひら、36.5センチの足でもギネス記録を保持している。

コーセン氏がぐんぐん成長した原因はいわゆる巨人症。子供の頃に下垂体に腫瘍を持ちその影響で成長ホルモンが異常分泌されたのが原因と考えられている。腫瘍は癌性のものではない。彼の両親、兄弟は平均的な身長であり、遺伝性のものではなく、自然変異とみられている。


成長ホルモンを止めようと、彼はこれまでに様々な医師にかかり投薬治療や腫瘍の摘出手術・放射線治療などが施されてきたが、目立った効果はなく彼はぐんぐん成長を続けてきた。人間の身体は彼のような異常な成長に耐えうる様に出来てはいない。成長と共にコーセン氏は身体に障害を持ち始める。杖なしでは歩けなくなり、腫瘍の成長が視力を司る神経を圧迫し、目にも影響が出始める。頭蓋骨内の腫瘍は摘出手術も困難であることも治療を妨げてきた。

2010年、彼はアメリカのヴァージニアの神経外科で、コバルト60のガンマ線を腫瘍に集中照射する放射線療法を受けた。この手術は行ってすぐに効果が出るものではないらしい。目に見えた効果が出るまでに数年かかるケースもあるようだが、ようやく今年に入りコーセン氏の成長ホルモンは弱まり腫瘍の成長も止まったようだ。

普通に結婚したいと望んでいるコーセン氏。素晴らしいパーソナリティの持ち主の様なのでその夢はすぐに叶いそうだ。

ソース・Image:msnbc.com

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

何で二度目の計測で身長縮んでるの?計測ミス?

2012-06-13 10:04 | from プラチナムな名無し

No title

トルコ語だとキョセンって発音になる

2012-06-13 12:40 | from プラチナムな名無し

No title

2回目の所おかしない? 2メートル25?

2012-06-13 13:54 | from プラチナムな名無し

ごめんなさい

↑コメント有り難うございます。

タイプミスですね。ご指摘有り難うございました。修正させて頂きました。

2012-06-14 15:06 | from Trender | Edit

No title

普通に結婚?
下世話な話で申し訳ないけど夜の生活はままならないだろうね
子作りは体外受精でなんとかなりそうだが

2012-06-15 02:48 | from 名無しさん

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/558-3f70f89b

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。