ドーピングしてても検査はスルー アスリート御用達の飲み物とは - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


ドーピングしてても検査はスルー アスリート御用達の飲み物とは

doping.jpg
Image:Սկզբում էր

もうすぐロンドン・オリンピック。

オリンピックと言えば思い出す。。。ドーピング。
かのベン・ジョンソンを始めとして多数のトップ・アスリートが栄光のメダルを剥奪されている。感動の後のがっかりはなんとも後味が悪い。

さて、今日の話題はそんな物議を促進してしまいそうな話。
ロンドンのキングストン大学の研究によると、ドーピング効果があるとされる男性ホルモン「テストステロン」の服用を緑茶や白茶を飲むことで隠せてしまうという。

デクラン・ノートン教授率いるチームは、飲料を飲むことで尿検査によるホルモン促進剤の検出値が減ることを確認しているのだが、今回の発見は2012年ロンドン五輪の様なスポーツイベントにも大きな影響を持つだろう。

「4年間に渡り調査を行ってきた。特定の酵素が様々な食材に反応し、例えば抗がん剤などの物質が身体に留まる時間を調査して来たんだ。テストステロンの代謝も食事や食べ物によって変わる。」

テストステロンの排出を助け、ドーピングを発見しにくくする問題の物質とは?


green tea

答えはダイエット効果などでおなじみの「カテキン」
緑茶、白茶に含まれ、紅茶には含まれないというあれだ。

アスリートはテストステロンでドーピングを行っても緑茶をたんまり飲んで置けば、検査はスルーという可能性もあるようだ。

ちなみにテストステロンとは、代表的な男性ホルモンで闘争心を高める効果があるという。同時に発毛、男性らしい身体の形成、もちろん夜の営みにも効果があるという男性の味方だ。加齢と共に体内生成量が減り悪玉に変化すると、気力が薄れ、毛が薄くなり、弱くなる。。。

テストステロンを用いたドーピング。
あちらの方は大丈夫なのだろうか?男性選手諸君が国民の前でおかしなことになってしまわないとよいのだが。。。ち◯差で勝利では世界の恥だ。

ソース:Science Daily

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

緑茶禁止とかになったら日本選手団の食事と憩いに影響しそう

2012-05-24 15:17 | from プラチナムな名無し

No title

WHOを始め
この手の研究所は
嘘医学を流布して世論誘導する組織だという事に
いい加減気づいてほしいもんだ…

2012-05-24 15:32 | from プラチナムな名無し

No title

緑茶のむと超トイレが近くなるね

2012-05-25 11:20 | from プラチナムな名無し

No title

アナボリックステロイドを使って筋肉ムキムキになった人が副作用でボロボロになり、治療のためにステロイドの服用をやめて一ヵ月後の写真を見たけど、その一ヵ月後には脂肪ブヨブヨの体だったよ
ほんとに一時的に筋肉増強するだけでステロイド無しじゃまったく維持できないんだなと思った
地味にトレーニングしてつけた筋肉はあそこまで劣化しないよね
バカだなあと思う
病気になって薬が使えなくなってしかもブヨブヨになるとか、代償が大きすぎる
まあスポーツマンは成績で莫大な金が入る背景があるから多少は状況は違うだろうけど、それでも健康第一だと思うけどね

2012-05-26 04:35 | from    

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/539-d466ae8d

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。