人類最古の天文盤はニコちゃんマークみたい - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


人類最古の天文盤はニコちゃんマークみたい

nebra sky disk
Image:Archaeology

英コーンウォールの国立海洋博物館で「2012 BC:青銅器時代のコーンウォールと海」と題された展示が行なわれている。目玉は4500年前の「ネブラ・スカイ・ディスク」。同博物館では初めてのお披露目となるようだ。

銅で作られた一枚の円盤には金で太陽、月、星々にボートなどが装飾されており、宇宙を描写した世界で最も古い天文盤とされている。直径約30センチの円盤に描かれた星々はプレアデス星団を表している、口の様な模様は天の川という説もある。画像を眺めるだけで、紀元前の星空の美しさを想像してしまう。

驚くことに、円盤に用いられている素材は地元イギリスのコーンウォール付近に紀元を持つという。金やすずの組成は地元鉱山から採掘されるものと特定されているようだ。
同時に、紀元前よりコーンウォールの採掘場はスズ10%、銅90%という青銅加工に適した資源に溢れていたことを示している。どちらの資源も同州中で豊富に採掘可能だ。


展示では、青銅器時代にも造船がなされていたこともテーマとなっている。

「2012 BC 展」では過去のコーンウォールの鉱業、造船の歴史などが説明されており、青銅器時代にヨーロッパで貿易が行なわれていたことが示唆されている。
イギリス南西の難破船より発見された銅製のインゴットなど、同時代の他の展示品も金属がイギリスから船で運ばれていたことの証明となるようだ。

ドイツで発見されたネブラ・スカイ・ディスク。いつ海を渡ったのかは知る由もないが、とりあえずいい顔してるので取り上げてみた。

ソース・Image:Archaeology

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/509-a034e1b6

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。