サッカー場くらいの巨大バルーンで火山噴火実験 その目的とは - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


サッカー場くらいの巨大バルーンで火山噴火実験 その目的とは

volcano_erupt.jpg
Image:Boaworm

火山のシミュレーション実験。
重曹と酢を混ぜるというのが有名だ。小学生向けの火山実験キットなどもあるが原理は同じ様なものだろう。コーラにメントスの方が噴火っぽいかもしれない。

イギリスの研究チームが検討中の実験が凄い。サッカー場ほどの巨大なバルーンを浮かべ、これににおよそ19.2キロメートルのホースを繫ぎ科学物質を送り込む。成層圏で火山噴火と同じ原理の爆発を起こすことで地球温暖化を防止しようとする壮大なプロジェクトだ。チームは数ヶ月内に小規模な実験を敢行し、システムの仮説検証を行なう予定だ。

非常に独創的なアイデアだが、その効果は未知数。
このアイデアは火山が噴火する際の効果より発想されたもの。噴火と共に様々な微粒子が全て成層圏に送り込まれ、これが太陽熱の放射線を宇宙に跳ね返す効果を生む、温暖化防止に繋がるという訳だ。


この人口火山を成層圏に送り込む計画にはマッド・サイエンス的な印象を受けなくもないのだが、実は英国政府がこの計画に関与しており、2.5ミリオンドルの予算も組まれているようだ。皇室も支援しているという。

研究チームはまず小さなバルーンを用い、上空800メートルで水を送り込み仮説通りに空に粒子が飛び散るかを実験する。実験が成功し、一定高度でバルーンとホースの仕組みが安定することが分ければ、いよいよ直径200メートル弱の巨大バルーンが成層圏まで送られることになる。
地球温暖化対策は数あれど、ここまで壮大で奇想天外なものは初めてだ。

ちなみに、冒頭のコーラにメントス。ペットボトルのコーラにメントスを幾つか入れると凄い勢いで吹き出す。メントスを同時に沢山入れると本当に凄いので、実験する場合は野外で。



ソース・Image:POPSCI

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

化学物質ってのが何かわからないが、熱の原因になる赤外線だけを反射するような微粒子なのかな

まさか単に微粒子ばらまいて人工的に曇りにすれば気温がさがるだろうとか、そんな幼稚な実験ではないだろうと思うけどw

2012-04-16 13:27 | from  

No title

グスコーブドリの伝記は逆の目的

2012-04-16 15:33 | from    

No title

>太陽熱の放射線を宇宙に跳ね返す効果を生む、温暖化防止に繋がるという訳だ。

「太陽熱の放射線」……なんのこっちゃ???
しかも、放射線を跳ね返すとな???

「太陽の放射熱」の間違いでは?

2012-04-17 08:12 | from プラチナムな名無し

No title

皇室?王室だろ 誤訳だな

2012-04-18 23:26 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/500-1ef808c0

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。