大きく見えれば入る!打てる!スポーツのパフォーマンスは大幅改善 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


大きく見えれば入る!打てる!スポーツのパフォーマンスは大幅改善

golf-putting.jpg
Image:Top News

目の錯覚により小さなカップを「大きい」と認知するとき、パットの成功確立は上がる。
スポーツと知覚効果の関係を研究する米インディアナ州パデュー大学心理科学部、ジェシカ・ウィット助教授による研究結果だ。

彼女はこれまでにも様々なスポーツで同様の研究を行なってきた。
バスケットボール。野球のバッティング。プレイする環境認知によりプレーヤーのパフォーマンスは変わる。今回の研究で確認されたのはターゲットとなる対象が大きく見えればプレーヤーのパフォーマンスが向上するということ。

ウィット助教授がこれまで行なって来たの研究でも知覚とパフォーマンスが連動することは検証されている。ソフトボールではボールが大きく見えるほどヒットの確立は上がり、サッカーではゴールポストが大きく見えるほどゴールの確立が高まるという。


optical-illusion-x.jpg
Image:Our Community Online

ゴルフのパットをテーマとした実験には36名のモニターが参加している。大小異なるサイズの二種類のカップが用意され、視覚的錯覚を起こす為プロジェクターで小さなカップの側にはより小さな円、大きなカップの側にはより大きな円が写し出された。

カップよりも小さな円が投影されればカップはより大きく見える。実際にパットを行なう前に、モニターは各自が感じるカップの大きさを描くことにより知覚認識も測定された。結果、参加したモニターの知覚とパットの成功率には相関関係が見られ、小さなカップがより大きく見えたグループの方パットの成功率は10%も高かったという。

「将来の目標は知覚効果でアスリートのパフォーマンスを高める技術を開発することよ。目の錯覚効果でアスリートのパフォーマンスを向上させてみせるわ」ウィット助教諭は語る。

確かに成功イメージがないとスポーツに限らず物事は旨く運ばない。この研究は感覚的に成果を残しそうな気がする。

ソース:Science Daily

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

原因は視覚的錯覚ではなく、
単にターゲットの横にデカイ円が描かれることにより、
目視がし難くなっただけとも考えられる
標的の横にある注意が殺がれる円が大きくなれば
それだけ集中力は低下するだろう

2012-04-13 14:33 | from  

No title

このサイトの記事おもしろい。雑学的で

2012-04-13 18:10 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/498-fdd33d24

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。