【とても胡散臭い恐怖の画像】 from アイルランド - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


【とても胡散臭い恐怖の画像】 from アイルランド

p_2-LongWalkGalway10B4AF_2.jpg
Image:Jonathan Curran

アイルランド西部のクラダという街。その街のロングウォークと呼ばれる場所で撮影された写真が住民の間で話題になっているようだ。

地元の写真家ジョナサン・クラン氏はその日、絵の様に美しいロングウォークの風景をパノラマ風に仕立てようと13枚の写真を撮影したという。問題はその中の1枚。

年配の修道女がポツンと佇んでいる。しかも身に纏っているのは19世紀のクラダの街の修道女の衣装。
撮影したクラン氏は驚き、他の12枚の写真を確認したが、修道女が写っているのはその一枚のみ。

「修道女の姿は一切見ていないし、前後の写真にも写っていない。彼女は突然現れて消えたとしか思えない。その日にロング・ウォークに居た人の中にも修道女を見たといなかった」クラン氏は語る。
(絵の様に美しくもないし、パノラマに仕立てたかったら他に写っていないのは当然では!という余計な突っ込みはこの際やめておこう)


p_2-LongWalkGalway10B4AE_2.jpg

この謎の写真に限らず、クラダの街には幽霊や心霊現象にまつわる話が多数存在するという。
問題のロング・ウォークの他にもウルフ・トーン・ブリッジなどの心霊スポットで過去に「白装束の女性」の噂が何度となく広まっている。
年配の男性が中世の衣装を着た女性を橋の近くで見かけたこともあるし、クラダ旧市街では幽霊の噂が広まり、若者は深夜過ぎにはウルフ・トーン・ブリッジには近づかないよう警告されてたという。

アイルランド人はこの系統好きなんだろなと思いつつ、俄然興味が湧いて来るのはウルフ・トーン・ブリッジ、ロング・ウォークというスポット。一体どんな場所だろう?

【ウルフ・トーン・ブリッジ】
ghost spot1
Image:Thomas Ekrene

うーん。いかにも。

ghost spot
Image:Breeno

青い光はそれだけで怪しい。。

【ロング・ウォーク】
long walk
Image:Peter Sheppard

そしてロング・ウォークという場所は本当に美しかった♪

ソース・Image:Galway Independent

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

すぐ後ろにドアがあるな
あそこから出てまた入ったんだろうw

2012-02-22 14:10 | from  

No title

これってもしかして本物なんじゃない?地味な国だけに怖いわ

2012-02-22 16:13 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

文化が違うからか、ふしぎと怖い気がしない
自分がもしも旅行先のアイルランドで幽霊みたら、
得したような、いい思い出になるかもしれない

2012-02-22 17:21 | from プラチナムな名無し

No title

ブラックサバスの1stのジャケじゃねぇかwww

2012-02-22 19:02 | from       

No title

>すぐ後ろにドアがあるな
あそこから出てまた入ったんだろうw


つまり・・・あれは・・・・・・どこでもドアか!!

2012-02-22 21:37 | from  

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/444-259ee066

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。