太陽系外惑星で見る「夕日」を科学者が再現 エイリアンの見る夕日は「青かった」 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


太陽系外惑星で見る「夕日」を科学者が再現 エイリアンの見る夕日は「青かった」

sunset on other planet
Image:Phenomenica.com

太陽系外惑星から見える夕日はどんなイメージか?
科学者達がこれを仮説に基づいて再現した。

地球から150光年離れた惑星HD 209458 b、非公式に「オシリス」と呼ばれる。周回する星に軌道が非常に近く、大気温度は1,800度もある惑星だ。その為大気層は膨張肥大していると考えられる。

その膨張する大気層が科学者達の分析を容易にするようだ。ハッブル宇宙望遠鏡に搭載された撮像分光器トによるデータを解析計算することにより、惑星の地平線に浮かぶ星(太陽)がどのように見えるかが分かるという。

惑星「オリシス」の場合、その大気を通じて沈む太陽の色は大部分が白色から青色。
大気中の塩分が太陽からのオレンジ/赤の光を吸収する為、スペクトラムの青色に偏重した部分が見えるという。


太陽が沈むにつれ、大気中の微粒子によるレイリー拡散により、青色光が分散する。レイリー拡散は地球の空が青く見えるのと同じメカニズムだそうだ。そして大気中の微粒子が発光する為、夕日は柔らかに輝きを帯び、青い色相が留まる。大気層を透過出来る光は緑、そして最終的には深い茶色だけとなるそうだ。

とてもロマンティックとは言えないSFちっくな夕日だが、エイリアンが見る夕日と思えば違和感がない。何となくオーロラの色に近い気も。

ソース・Image:Phenomenica.com

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

夕日がピンクの惑星に行きた~い

君と一緒に

2012-01-23 13:32 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

おまんじゅう食べたい

2012-01-23 14:03 | from Hiro | Edit

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/407-9c6a0f74

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。