チクタクチクタクチクタクチクタク 世界終末まであと5分です。チクタクチクタク・・・・ - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


チクタクチクタクチクタクチクタク 世界終末まであと5分です。チクタクチクタク・・・・

Doomsday-clock-over-The-Earth_620x350.jpg
Image:CBSNEWS

2012年1月10日、悪名高き「世界終末時計(Doomsday Clock)」の針が一分進められ、世界終末までの時間が5分とされた。世界の指導者達の様々な脅威に立ち向かう姿勢が不十分という警鐘の意を込めてのものだ。

「世界の終わりまであと5分wwwwww!!」と焦ってはいけない。
世界終末時計はアメリカの科学誌「ブレティン・オブ・アトミック・サイエンティスツ(BAS誌)」により1947年に設定されたもの。人類の脅威となる核問題・生物兵器・異常気象など様々な脅威の深刻さ表す為に始められた。0時0分が人類滅亡の時。初期設定は深夜まで7分。1953年には米・ソ連の水爆実験を受けて終末時計は深夜2分前まで針を進めた。アメリカとロシアが核削減を開始した1991年には深夜17分前まで戻されている。

「今は世界終末の5分前です」
「2年前は世界の指導者達が脅威に本気で立ち向かう姿勢を見せていましたが、そのマインドは薄れています」、BAS誌は針を進めた理由をこう明かす。ちなみに2010年には深夜迄6分に戻されている。世界の指導者達の核撲滅努力が足りない事を不満に思っているようだ。


BAS誌によると、今でも世界には19,500の核爆弾が存在し、過激派グループが高濃度のウラニウムやプルトニウムを入手することも可能という。昨年の福島第一原発事故にも言及し、安全な原発の開発が急務としている。

また、BAS誌は気象環境の変化に関しても「後戻り出来ないところにほど近い所まで来ている」と指摘している。5年以内に二酸化炭素を発しない代替燃料が開発されなければ、温暖化・気象悪化・干ばつ・飢饉・水不足・海位上昇・列島諸国喪失・海の酸性化などにより世界は滅びるだろう、と。

世界終末へのカウントダウン。これ以上分かりやすい警鐘は他に類をみない。どこぞの予言者の一言より余程考えさせられる。

【英文一部引用】
The clock setting, which has been a staple since 1947, represents the severity of the perceived threat to humanity from nuclear or biological weapons, climate change and other human-caused disasters. When it began this annual tradition, the BAS set the time at seven minutes to midnight. Following the first test of the hydrogen bomb, the doomsday clock ticked to two minutes before midnight in 1953. When the United States and Russia began reducing their nuclear arsenals in 1991, the Bulletin set the clock at 17 minutes to midnight.
【引用終】

ソース:CBSNEWS

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

この世で一番狂っている時計だ。

2012-01-13 12:57 | from nowhoes | Edit

No title

人類は終末を向かえても世界は終わらないよ。
変化した環境の中で世界はあり続ける。

無駄な時計だな。

2012-01-13 14:42 | from  

No title

仮に滅びるにしろ
それは種の寿命だよ
南無南無

2012-01-13 21:13 | from  

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/399-085170c4

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。