万国 女性の美の競演! 【閲覧ちょっとだけ注意。。】 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


万国 女性の美の競演! 【閲覧ちょっとだけ注意。。】

mursi_woman1.jpg
Image:Environmental Graffiti

美しさの定義は人様々。世界中には様々な美の定義がある。
日本人にとって凄い美人がアメリカではあまり受けなかったりするし、逆もまたしかり。そんな訳で世界のちょっと極端な女性の美の表現を見てみよう。

南エチオピアのムルチ族の女性。彼女達の美しさの定義は唇にはめた土器の皿の大きさで決まる。15歳-16歳になると下唇に穴を空け、成長と共に徐々に大きな皿に変えていく。皿の大きさこそが女性の美しさ、プライド、性的成熟度を表すシンボルなのだ。大きい皿をつけているほど結婚の時、結納で貰い受ける牛の数も多くなるのだとか。

しかし、これはいったいどうなっちゃってるのか。見ていると不安になる。


mursi woman

一方ミャンマーとタイの国境近くに居住するカヤン族の女性は違う美の定義を持つ。彼女達は「首長族」としても有名だ。美の定義はもちろん首にはめた真ちゅうの首輪の数。一本のつながった真鋳のリングを徐々に長くし、女性として成熟すると共に首も伸びて美しさも増すという。実は首が伸びているのではなく、肩の方が下がっているのが真実らしいが。。

longneck.jpg

long neck

ブラジルのアマゾンに住む女性は全身をパレットとして使い「美」を表現する。彼女達は身体にピアスを施し、樹液や動物の血で顔や身体に装飾を施す。

amazon_0.jpg

amazonwoman.jpg

何れも日本的な女性の美とは程遠いが、美を極めたのであろう女性達の表情はなんとなく自身に満ち溢れているように見える。本人が満足しそれを愛するものがいる。こうゆう文化は簡単に途絶えそうにないな。

ソース・Image:Environmental Graffiti

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

落ちを最初にもってきたのは失敗でしたね

2012-01-15 12:38 | from     

No title

下唇伸ばしてるの、うっかりブチッってやってしまったらどうなるんだろ

2012-01-15 12:49 | from プラチナムな名無し

No title

グロテスクにみえるけど、整形手術だって結局やってることは同じだよね
鼻にプラスチック埋め込んで高くしたり、
胸にポリ袋埋め込んで大きくしたり、
ある意味そっちのほうがグロいかもしれない

2012-01-15 12:54 | from プラチナムな名無し

No title

口に皿入れてちゃ飯食うの大変だな
食うときやっぱ外すよねぇ
外したところで唇ブラブラして水飲みすら大変そうだ
下の動物の血で装飾って変な病気大丈夫なのかなぁ

2012-01-15 13:34 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/391-612b982a

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。