【魔の三角地帯】バミューダ・トライアングルの真実とは - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


【魔の三角地帯】バミューダ・トライアングルの真実とは

bermuda Triangle
Image:Other World Mystery

米フロリダ、バハマ、カリブの島々全体を結ぶ海域。数々の船や飛行機が行方不明となっていることで知られる「魔の三角地帯」と呼ばれるバミューダ・トライアングル。

バミューダ・トライアングルにまつわる逸話は1950年の9月16日にまで遡る。始まりはアソシエイテッド・プレスのフライト19の消失に関する記事だった。訓練飛行を行っていた米海軍のTBMアヴェンジャー5機が魔の三角地帯で姿を消したことを報じた。この記事は過去の消失事件にも言及し、初めてバミューダー・トライアングルの超自然現象を指摘するものだった。

数年後にはフライト19のリーダーが無線で話していた内容も記事として公開されている。「白い水の中に入った!全てがおかしい!何処にいるか分からない。水は緑だ!白じゃない」
その記事は海軍の声明も公表している、「アヴェンジャーは火星に降り立った」、と。


bermuda Triangle UFO

後にバミューダ・トライアングルの超状現象はUFOによる誘拐、磁気異常、伝説の失われた都市アトランティスの関与など様々な説が謳われることになる。

その後も失われた船や飛行機の話は絶えないのだが。。問題は消失の証明が見つかっていないこと。また、全ての消失事故がバミューダ・トライアングル内で起こっている訳ではなく、そもそも消失事故など起こっていないのでは。。という疑惑。

bottom-of-bermuda-triangle1.jpg

数々の事故は気象条件の悪化が原因と簡単に説明出来るという。
例えば、フライト19の消失と同時期に爆発が報告されており、1812年の英米戦争やハリケーンで沈んだと説明がつく沈没船もある。。

bermuda-triangle-storm.jpg

bermudastorm2.jpg

信じる方には申し訳ないが、バミューダ・トライアングルでの統計的消失率は世界の気象条件が類似する海域と変わらないらしい。「魔の三角地帯」は新聞の売上を狙ったでっち上げのようだ。

ソース・Image:Other World Mystery

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

真っ先にドラえもんが思い浮かんだ

2011-12-14 13:18 | from プラチナムな名無し

No title

要は東スポ的なものだろう。昔は夢があったなw

2011-12-14 18:01 | from  

No title

原因はサトル☆ミューティレーションかもしれない。

2011-12-14 19:17 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

小学生の時、世界の七不思議みたいので見てワクワクしたもんだ
サルガッソー海とか

2011-12-14 19:23 | from 名無し@まとめいと

No title

浅瀬が多くて船が引っかかるせいだと聞いたが
飛行機の方に説明つかんな

2011-12-15 09:51 | from    

No title

説明以前に、事故自体がでっち上げの可能性が高いのでどうしようもない

2012-02-06 09:46 | from   

No title

ONE PIECEでこの海域の話が出てきたような気が

2012-03-24 11:35 | from 教えて

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/356-799e13a6

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。