外国の過剰報道を公開する外国人によるwikiサイト - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


外国の過剰報道を公開する外国人によるwikiサイト

fukushima_daiichi.jpg

ソース:JPquake -Journalist Wall of Shame-

日本の震災に対する海外報道のトーンが不信感に変わりつつある。福島原発に対する政府・東電の遅れにより、未だ国際的原子力事故に発展した問題は解決の目処が見えていない。


この状況に過剰反応している海外メディアにより日本への同情の念は政府への懐疑心に変わりつつあるのは確かだが、報道には単に「人々の不安を煽るもの」「事実をゆがめて報道するもの」が多いのも事実。

日本在住のアメリカ人により立ち上げられた「JPquake -Journalist Wall of Shame(ジャーナリスト恥の壁)」というサイトでは、世界で報道される行き過ぎた報道を警告の意味で公開し、1-10の独自指標にて「記事の質の悪さ」を評価している。ちなみに10は世界に害をもたらす可能性があるという意味でSATAN(悪魔)として公開されている。

確かに海外報道では福島原発事故を「チェルノブイリの悲劇再来」「日本経済の終わり」などと表現する過剰なものが多い。このまま報道が過熱すれば、日本の孤立が進む可能性は否定出来ないのは確かだ。

外国人による海外の謝った報道への問題指摘は、日本が誤った捉え方をされない為に役立ってくれることを祈りたい。



関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/33-e9008a36

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。