数千匹の蜂と格闘した男の最後 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


数千匹の蜂と格闘した男の最後

bee.jpg
Image:Uckfield Free Press

米マイアミで、何千匹もの蜂が群がった状態で男の遺体が発見された。

自宅の寝室で、娘が父親のドナルド・マンソン氏(49)を発見した時、遺体は蜂の群れに囲まれていたという。マンソン氏は壁の中に蜂の巣があることを知っており、自身でミツバチの巣に駆除スプレーを掛け、テープで穴を塞ごうとしていた。
結果、失敗し蜂の大群がマンソン氏を襲うことになったのだろう。

死亡原因ははっきりしていないが、彼の兄は「蜂の群れと格闘中に椅子から落ちて頭を打ったのが直接の原因だろう」と語っている。警察の現場検証でも同様の見解が出ており、蜂との直接的な因果関係は認められていない。

その後「蜂男」と称される蜂駆除専門業者、ウィリー・スクラロフ氏が現場に駆けつけたところ、故ドナルド・マンソン氏の家の壁の中には少なくとも60,000匹の蜂が住み着いていたという。


家でシロアリを見かけたら、既にその家は侵されていると疑えと聞いたことがある。蜂、シロアリに限らず、リビングで頻繁に目にする虫は、どこかに数百倍~数千倍潜んでいる可能性があるということか。以前数千匹のヘビの棲家となったアメリカの家というのもあった。

何れにせよ駆除はお早めに。そして無理せずに専門業者を呼びましょう。

ソース:The Huffington Post

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

格闘してねー

2011-11-09 09:38 | from プラチナムな名無し

No title

結局ハチに刺されたわけじゃないんだよね?
ミツバチは一度刺したら針が抜けて自分も死ぬ。
だから刺す方も命がけ。
自分たちの身に危険を感じなければそう攻撃はしてこないと思うけどね。
それでも自分の家に居たら怖いけどね・・・。
でも自宅ではちみつが取れそう。

何よりも一番怖いのはスズメバチだよー。
自分のテリトリーに近づくものは容赦なく刺す。
しかもスズメバチは針が抜けないから何度も何度も刺す。数百匹のスズメバチに数十回刺されたら死ぬわな・・・。

ミツバチは害虫じゃないけどスズメバチは害虫だからね。
ミツバチだったのなら駆除しないで除去する方法はなかったのかなぁ。ミツバチは世界中でその個体数が減っていて花の交配や生態系にも大きな影響を与えてるからなるべく殺さないでほしいな。
しかも一人でやるなんて・・・。

2011-11-09 10:10 | from プラチナムな名無し

No title

椅子から落ちるのも分かる。中学の時蜂の巣つついて死ぬかと思った。1匹でもブーン。いっぱい来るとそれはもう凄いことになる。

2011-11-09 17:27 | from プラチナムな名無し | Edit

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/327-c4e299f6

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。