【タリバン・トヨタ】呼ばわりされたイラン出身カーディーラー・オーナー勝訴 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


【タリバン・トヨタ】呼ばわりされたイラン出身カーディーラー・オーナー勝訴

Toyota dealer
Image:Eideard

アメリカ企業の広告合戦は結構ストレートで過激だ。「トヨタじゃない。ホンダでもない。ヒュンダイだ!」、「ペプシはいらない、コークだ!」などなど、自社製品が他社商品よりも優れているとアピールし合う。ただ、「あのディーラーはイスラム過激派とつながっている。タリバン・トヨタだ!」、嘘はいけない。

競合ディーラーから「タリバン・トヨタ」と中傷されていたアラバマ州のカー・ディーラー、オーナーが名誉毀損の裁判で勝訴した。賠償金額は総額7百50万ドル(約6億円)。

イラン生まれのショーン・エスファハニ氏はアラバマ州ダフネでトヨタ系カー・ディーラーを経営している。彼が訴訟を起こしたのは同じくフロリダのトヨタ系カー・ディーラーの「ボブ・テイラー・トヨタ」。同店の従業員達がショーン氏をイスラム武装勢力であると顧客に話し、商売を妨害すると同時に彼を中傷したことに対し2千8百万ドルの損害賠償を求めていた。

「ボブ・テイラー・トヨタ」のセールス・マネージャーは、ショーン氏の店で車の購買を検討している顧客に対し、ショーン氏が中東出身であり現地のテロ組織資金援助をする為にマネーロンダリングを行っている、などと説明している。エスファハニのディーラーまでわざわざ出向き、顧客に次の様な嘘の情報を流し妨害したこともあったようだ。「エスファハニ氏はイラクの家族やテロリストに資金援助している。僕の兄弟はイランに住んでいるが、ここで車を買うことは僕の兄弟を殺害する手助けをするようなものだ」。救いようがない。 


法廷は約3時間審議した後、被告に懲罰的損害賠償として5百万ドル、名誉毀損の賠償金として2百50万ドル、計7百50万ドル(約6億円)の支払いを命じた。 

エスファハニ氏はイラン革命後の1980年にアメリカ国民として帰化し、2007年にトヨタ系カー・ディーラーのオーナーとなった。勝訴後に彼は、「法廷で、正しい判決がなされたことを清々しく思う。金額は問題ではない。この判例は、アメリカ人と見做されず、私と同じ様に不適切な妨害をされる他のビジネスオーナーに取り大きな意味のあることだろう。」と喜びを語っている。

ソース:Yahoo! news

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

タリバンは駄目だな

2011-11-04 12:12 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

ヒュンダイねーわ

2011-11-04 14:03 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

他の物を貶めて自分のところをageる…
それは駄目だよなあ

2011-11-04 16:46 | from 名無しさん@ニュース2ちゃん

No title

他の物を貶めて自分のところをageる…コメントを入力ください ←どこかの某巨大掲示板の常連さん達が得意なことですね、分かりますw

2011-11-04 17:42 | from 名無しさん@ニュース2ちゃん

No title

イラン人はアフラマズダのMAZDAにしか乗らないのかと思ってたわ

2011-11-04 18:16 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/323-62ee0dc6

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。