「ブレードランナー」作者作品を鬼才ミシェル・ゴンドリーが映画化 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


「ブレードランナー」作者作品を鬼才ミシェル・ゴンドリーが映画化

star guitar


鬼才ミシェル・ゴンドリーの新作は「ブレードランナー」の原作作家フィリップ・K・ディックの「ユーピック」になりそうだ。

「ユーピック」は、フィリップらしい超能力者と、超能力を無効にする力を持つ者が存在する世界。物体が古い時代のものに変化するという超常現象が起こってゆくというもの。


ミシェル・ゴンドリーといえば脚本家チャーリー・カウフマンと組んだ2作「ヒューマン・ネイチャー」と「エターナルサンシャイン」のウィットに飛んだ長編作品や数々の音楽PVが真っ先に頭に浮かぶ。シンプルな映像を使用しながら音楽との完全融合を図った良作が多い。

ケミカル・ブラザーズの代表曲「Star Guitar」などは、車窓からの風景を撮影しているに過ぎないのだが、リズムや挿入される効果音と映像が完璧にシンクロしているのが不思議で何度も繰り返し見てしまう。

さて、鬼才の描くSFがどんな映像で彩られるのか、今から楽しみだ。

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/32-1d92215a

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。