巨大マリリン・モンローの社会貢献とは - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


巨大マリリン・モンローの社会貢献とは

maririnnmonnro-3.jpg
Image:MailOnline

さすがはセックス・シンボル「マリリン・モンロー」、銅像になっても物議を醸し出している。

地下鉄の通風口からの風でマリリン・モンローのスカートが吹き上がる。1955年のコメディの佳作「七年目の浮気」のあまりにも有名なワンシーンだ。

今年7月、シカゴダウンタウンのトリビューン・タワー近くに登場した「フォーエバー・マリリン」は、このシーンをモチーフとした彫刻家セワード・ジョンソンの手による作品。ステンレス・アルミニウム製の銅像は、高さ7.9メートル、重さは15トンを超える。登場以来人々に驚きを与えると同時にかなりのひんしゅくも買っているようだ。

批判は様々な点に及ぶ。8メートルにも及ぶその大きさ。ニューヨークが舞台の「七年目の浮気」の象徴的シーンをシカゴにというのは如何なものか、などなど。もちろんドレスを下から覗ける下品さも。。確かにマリリン・モンローの白く輝くパンティやオープントゥのキトン・ヒール。あまりにもリアルに再現されていて卑猥だ。最近バーチャル・ツーリストによる「最も酷いパブリック・アート」にもランキングされたようだ。


さて、残念ながら散々な酷評をされているようだが、マリリン・モンローはウインディ・シティーとも呼ばれるシカゴで、きちんと社会的貢献も果たしている。雨風から人々を守るという役割で。。

maririnnmonnro-.jpg

maririnnmonro-1.jpg

市民がどう思おうと、マリリンはその姿を2012年まではシカゴで堂々と晒す予定だ。

ソース・Image:MailOnline

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

ガンダムもずっと残しておいて欲しかった

2011-10-10 09:51 | from

No title

日本もこれくらい大きい萌えフィギュアつくろうぜ

2011-10-10 10:39 | from 名無しさん

No title

巨女フェチを殺す気だな

2011-10-10 11:59 | from  

No title

(管理人さん乙^2)

スカートの施工が気になってしょうがない
柱1本入れて置けよw!

2011-10-10 12:42 | from   | Edit

No title

マリリン・モンローというブランドが
あるから良いけど、
街中にスカートがめくれた像があったら、
ちょっと神経を疑うわ。
まあ、アメリカから見た日本も、
まさしく神経を疑うレベルなんだろうが。

2011-10-10 14:59 | from              

No title

ナナちゃん・・・(´・ω・`)

2011-10-11 01:18 | from (´・ω・`)

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/289-79c0522b

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。