【幅跳び選手は果たしてどれくらい飛べるのか?】 分かりやすく表現してみました - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


【幅跳び選手は果たしてどれくらい飛べるのか?】 分かりやすく表現してみました

mini_london.jpg
Image:autoblog

2012年のロンドン・オリンピックに焦点が集まり始めてきた。
開催地ロンドン。その象徴の一つタワーブリッジ。

この場所で幅跳び代表候補のJJジェジド選手が試みたパフォーマンスはミニ・クーパーを3台並べて飛び越えるという奇抜なスタント。3台横並びに駐車されたミニの長さは6メートル。JJジェジド選手はものの見事にこれを飛び越えた。

確かにテレビで見ていてもプロのアスリートがどのくらい凄いのか実感が湧かない競技は多い。特に幅跳びなどは地味な部類だ。手足をバタバタとさせ一瞬で飛び終る選手。一般人が気にしているのは神妙に計測され表示される数字と順位。あとは踏切で赤旗が上がらないかちょっとだけドキドキしているのかもしれない。
JJジェジド選手は自分の身体能力を不死身のスタントライダー、エブル・ニーベル風に表現したかったそうだ。車3台を飛び越える、確かに分かりやすい。

JJは語る。「夢はもちろん2012年のロンドン・オリンピックの舞台で戦うことさ。僕は時間がゆるす限り若者達と触れ合っているよ。彼らが少しでもスポーツに興味を持つ様にね。でも僕のパフォーマンスだけは真似しないようにちゃんと伝えているよ。」

JJジェジド選手。人の良さとセンスに思わず惚れてしまいそうだが、実はこのパフォーマンス、ミニ・クーパーの2012年ロンドン・リミテッド・エディションのプロモーションも兼ねているらしい。


mini_london1.jpg

mini london1

ロンドン・リミテッド・エディションは赤、白、青の3色が発売される。ルーフ・トップにはロンドン五輪のロゴとユニオン・ジャックのストライプ、サイドにはタワー・ブリッジ、バターシー発電所、巨大観覧車ロンドン・アイなど象徴的な建物を含むロンドンの風景がシルエットで描かれるらしい。宣伝等には積極的になって欲しいが、くれぐれも肝心の競技前にお怪我をなさらぬように。。

ソース・Image:autoblog

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

ロンドン五輪特別仕様車か

いいね

2011-10-01 13:28 | from プラチナムな名無し | Edit

No title

6メートルってちょっと飛ぶ中学生ぐらいの記録の気がするけど

2011-10-01 18:42 | from   | Edit

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/280-bc0d57d1

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。