「ズボンをルーズに穿いたら罰金」 アメリカの変な法律 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


「ズボンをルーズに穿いたら罰金」 アメリカの変な法律

zubon_zurizuri.jpg
Image:The Poison Forest

夜間にピーナッツを買ってはいけない in アラバマ

未婚女性は日曜日にスカイダイビングを行ってはいけない in フロリダ

女性は足の毛を処理せずに公衆の場に現れてはいけない。in ニューメキシコ

同性間のキス禁止。異性の場合は3分間まで許可する in オクラホマ

アメリカは州や市ごとに独自な法律が定められている。消費税率ももちろん違う。酒類の小売りが禁止されている郡などもある。タバコを買うならカリフォルニア、PCなら無税のオレゴン、という感じらしい。さすがは自由の国。実に奥が深い。
上に並べた様な奇妙キテレツな法律も山ほどころがっている。

そんな訳で、ジョージア州アルバニーではズボンをずり下げて穿くと罰金。集まった罰金総額は1年足らずで4,000ドルにのぼったという。

アルバニーの弁護士によれば、昨年11月23日に市条例が制定されてから、187件の違反事例があり3,916ドルの罰金が払い込まれているという。条例はズボンやスカートは臀部の上から3インチ以上ずり下げて穿き、肌や下着を露出させてはならないというもの。初回の違反者には25ドルの罰金が課せられ、複数回違反を犯したものには200ドルが課せられる。(おいおいどうして3,916という端数が出て来るんだ。。)


ちなみに条例では、罰金を支払う代わりに40時間のボランティア活動、労働奉仕を認めている。恐らく、アルバニーではジーンズの腰穿きが膝穿きとなって流行したに違いない。

zubonn_zurasu.jpg
Image:GlamourFashion

罰金もしくは40時間の労働奉仕を課する in アルバニー、ジョージア

zubon_zurizuri1.jpg
Image:fulldhamaal

罰金もしくは40時間の労働奉仕を課する in アルバニー、ジョージア

ソース: WYFF4.com

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

俺の会社でもスーツで(!)それをやってる奴がいる。全く理解できない。

2011-10-02 22:00 | from 名無しさん@ニュース2ちゃん

No title

↑スーツもずらすのか?

2011-10-03 05:59 | from プラチナムな名無し | Edit

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/279-e80e05bc

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。