【閲覧注意】うなぎが体内ににゅるにゅると入ってくる話  - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


【閲覧注意】うなぎが体内ににゅるにゅると入ってくる話 

eels.jpg
Image:The Knotty Travellers

魚に足の角質を食べさせるトリートメントはそこそこ有名になっている。しかし「うなぎ」を使ったものは聞いたことがない。

うなぎがぬるぬると泳ぐ浴槽に身体を沈めれば、古くなった角質層をきれいに食べ除いてくれる。そして10歳ほど若返らせてくれるらしい。身体中で感じる新鮮な感覚はハマると抜け出せなくなりそうだ。そんな美容法が中国にある。

さて、この「うなぎトリートメント」を受けた、チャン・ナン氏(56)にとんでもない災害が訪れた。
大小様々なうなぎがうごめく浴槽に入り、うなぎトリートメントを楽しんでいたところ、チャン氏は下半身に鋭い痛みを覚える。なんと、小さなうなぎが彼の性器から尿道に進入しようとしていた。焦ったチャン氏はうなぎをつかみ、取り去ろうとするが、残念ながら小さくてもうなぎはうなぎ。古典落語の表現など持ち出すまでもなく、ぬるぬるとして簡単にはつかめない。
チャン氏の検討もむなしく子うなぎはチャン氏の体内に消え去り、膀胱に辿り着いたという。

チャン氏は病院に運ばれ3時間半のオペにより、膀胱からうなぎは無事摘出された。子うなぎは既に死んいたが、その体調は15cmもあったという。
人の尿道はご存知の通り非常に狭いのだが、うなぎの肌が潤滑剤の役割を果たし簡単に侵入を許してしまったらしい。確かうなぎは穴に入りたがる習性もあったような。


unagi.jpg

信じる信じないは読者に委ねるとして、チャン氏と同様の事件がインドでも起こっている。膀胱から魚を摘出された14歳の少年は、トイレに行くとき手に魚を持っていたという。そして用を足している際に、魚は彼の尿道に飛び込み。。。。えっ?

この記事をたまたま読んだ方が変なプレーを思いつかないか少し心配。

ソース:Metro

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

No title

柳川のどじょうは豆腐に潜るらしいね。

2011-09-17 03:56 | from プラチナムな名無し

No title

インドの話はいくらなんでもおかしいだろ

2011-09-17 08:02 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/263-ed2025c8

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。