極小の鶏の卵は2.1cm!ちっさ! - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


極小の鶏の卵は2.1cm!ちっさ!

tiny_egg.jpeg
Image:The Forest Room

何故かやたらと小さいもの、大きいものに惹かれてしまう。
今日は極小の鶏の卵の話題。

米ウエスト・バージニア州ラリー・カウンティの片田舎の牧師、ダニー・ラッセル氏の牧場で小さな鶏の卵が見つかった。
そのサイズは高さ2.1cm、重量わずか3.46グラム。(画像はイメージ)

ラッセル氏とその妻は動物好きであり、ネコ、ガチョウ、あひる、鶏などを数年に渡り飼い続けてきた。鶏が産み落とす卵は、通常ラッセル勤める教会に寄付されている。

2.1cmの卵を見つけた時、夫婦は驚きのあまり言葉を失い、最初の一言が出るまで5分くらい掛かったという。ようやく出てきた言葉は「これ、ギネス記録かな?」だった。ちなみに、この卵はごく普通のサイズの鶏が産み落とされている。

現在ギネス認定されている最小の卵は2.7cm、また2011年初旬に英国の男性が2.5cmの卵を「世界最小」として申請している。
ラッセル氏がギネス申請を行えば、間違いなく世界最小の卵発見者として認定されるのだろうが、彼は卵に「ジョン・スペンサー・ラッセル・エッグ」と名付け、今のところこれを大切に保管する方針だ。名前の由来はラッセル氏の2人の孫、ジョン・ケネディ・ラッセルとスペンサー・マシュー・ラッセルからとったものだ。


ウェスト・バージニア州の農業コミッショナー、ガス・ダグラス氏は語る。「ウェスト・バージニアの丘は様々な驚きに溢れている。まだまだ未知の発見で溢れていることだろう。ラッセル氏の様に山岳部で誇りを持って農業を続けている方がいることが喜ばしい。」

もちろん卵だって人の子の様に大きなもの、小さいものが産まれる。たまに双子だって見つかる。
ラッセル氏の卵がもし孵化したら?
果たして極小のひよこが生まれるのだろうか?

ソース:Bluefield Daily Telegraph

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/227-48b4d8c2

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。