ザリガニをロブスターと偽る食品事故 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


ザリガニをロブスターと偽る食品事故

セ#12441;イハ#12441;ース#12441;_ニューヨーク
Image:A Passion For Food

ニューヨークの歴史あるアッパーなデリカストア「ゼイバーズ」。店内はチーズの香りで溢れ、様々なデリカが販売されている。食器売り場の品揃えも大充実、一度は足を運びたくなるマンハッタンのアイコンの一つだ。

そんなゼイバーズで、もし日本で起こったら食品偽装事故として大きくメディアに扱われてもおかしくない事故があった。その事故とは、20年もニューヨーカーに愛され続けて来た「ロブスター・サラダ」にロブスターが使われていなかったというもの。使用されていたのは天然の「ザリガニ」。時にはアカザエビを混ぜる時もあるという。

ザリガニにマヨネーズ、一つまみの塩と砂糖。シンプルだからこそ長年愛されて来たのだろう。

メイン州のロブスター協会からの警告でゼイバーズは品名変更を余儀なくされ、「船乗りのサラダ」と名称を変更した。しかし、販売棚には未だに「ロブスター・サラダ」の名称が残されている。オーナーのゼイバー氏は語る、「ロブスター・サラダを買いに来る客は手にした商品に違う商品名が書かれていることに戸惑うことだろう。だから皆が船乗りのサラダがオリジナルのロブスター・サラダだと理解するまでこうしておくのさ。」


何とも大らかな対応であるし、それが許される社会を少し羨ましく思う。もし日本で同じことが起こったらゼイバーズはメディアや一般消費者から叩かれまくって店舗閉鎖に追い込まれることだろう。。雪印や加ト吉などの日本を代表する食品企業とて上場廃止に追い込まれるのだから、デリストアなど一瞬で消え去ることだろう。

「ロブスターと偽ってザリガニ食わせてたんだな!!」

「ハンバーガーには何の肉が使われているか分かったもんじゃない!!」

「もうゼイバーズでは怖くて買い物出来ない。」

「ゼイバーズおわた」

日本の消費者の声が容易に想像出来てしまって怖い。食品自給率が100%のアメリカが比較的大らかな反面、40%を下回る日本の消費者がシビアという事実。近い将来予想される世界的な食料資源不足の影響がより深刻なものになりそうで若干不安だ。

ゼイバーズさん。ちなみにうなぎとアナゴとどじょうは違うものです。念の為。

ソース:The Consumerist

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

タイトルおかしくね?

ザリガニをロブスターと偽るじゃねーの

2011-08-19 13:38 | from プラチナムな名無し

↑そうですね。ご指摘Thanksです。

2011-08-20 01:49 | from 管理人 | Edit

島田洋七さん出番ですよ。

2011-08-21 07:31 | from 名無しさん@ニュース2ちゃん

つっても淡水性がザリガニで
海水性がロブスターじゃん?

蟹と偽って沢蟹を出していた!
と言われてもあんまり…

2011-08-21 23:19 | from プラチナムな名無し | Edit

中国では普通にザリガニの甘露煮みたいなの売っていてぞ!
日本にいるアメリカザリガニみたいなやつ。

2011-08-24 00:52 | from プラチナムな名無し

アメリカザリガニは元々食用だったのが逃げた

2011-08-27 02:17 | from 放課後名無しタイム

No title

ガキの頃は近所の池で釣って、家で茹でて食ってたな。
いつのまに軟弱な胃袋になっちまたんだろう。

2011-10-31 16:00 | from 名無しさん@ニュース2ちゃん | Edit

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/221-b3fe6c98

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。