火星の文明は資本主義によって滅ぼされた説 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


火星の文明は資本主義によって滅ぼされた説

water day


3月22日は「世界水の日」(World Day of Water)。1993年に国際連合総会にて制定されたものだ。

国連は世界各国に水の大切を訴える為、「世界水の日」のイベントの開催を呼びかけている。今年のテーマは「Water for Cities: Responding to Urban Challenge」だ。

ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が水の日の記念演説を行ったが、その内容は少し飛んだ感じだった。火星に生物が存在しない理由は、資本主義が悪影響として働いているという持論を唱えたのだ。

「過去に火星上に生物が存在し、文明を築いていたとしても不思議ではない。資本主義・帝国主義の広がりがこの文明を滅ぼしたのであろう。世界が抱える問題の数々は資本主義に由来するものである。」

地球の水資源が人口増加と共に枯渇しつつあるのは事実だが、これを資本主義の問題と結び付ける当たりが、反米主義者のチャベス大統領のらしいところだ。


ちなみに昨年はチャベス大統領自身のTwitterアカウントが不正アクセスで乗っ取られるという珍事が発生している。

実に85万人のフォロワー有するアカウントで呟いていたのはいったい誰なのだろうか?


関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/18-bf16415d

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。