これは住んでみたい。。巨大な貝の家 - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


これは住んでみたい。。巨大な貝の家

nautilus-home-exterior.jpg

巨大な貝の家。
この家を見て真っ先に思い出したのは、偉大なるスペインの建築家アントニ・ガウディだ。

グエル公園やカサ・ミラの複雑怪奇な曲線ときらびやかな色を瞬時に彷彿させる。

この驚くべき家はメキシコの建築協会により2006年に建築された。メキシコ・シティ在住の若い夫婦が子供2人と共に暮らしているようだ。彼らは自然との調和を求めてこの家に住むことを決めた。このプロジェクトのゴールは住人が、貝殻を渡り歩く軟体動物のような気分を味わうことらしい。住む者は自然に身を委ねなければならないらしい。

確かに世俗的な物はシェルハウスには似合わない。TVもそして家具さえも不要なものの様に思えて来る。イカした家に住むにはそれなりの根性と浮き世離れした仙人の様な心が必要なようだ。


nautilus-house-interior.jpg

リビングのソファの回りには緑で敷き詰められている。

nautilus-home-interior.jpg

極彩色のステンドグラスの光を浴びながら、お茶でも如何?

nautilus-home-section.jpg

高低差を感じる玄関からの眺め。ちょっとしたアトラクションの雰囲気も感じさせる。

nautilus-home-bedroom.jpg

のんびり寝てると顔の上にカニでも登って来そうだ。。

ソース:StyleFrizz

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

日本の建築業界団体もぜひこういうのつくって、
気取ってるやつとか売名したいやつに住まわせてほしいね。

楳図かずおだっけの自宅の縞模様にするとかしないとかいう裁判?
あれが反感買ったのは「芸がないから」「レベル低いから」も少なからずあったんじゃないか。
ペンキで赤白のシマ模様にするなんて、下手するとそこらへんの鳶職でもできそうじゃん。

2011-07-05 05:21 | from プラチナムな名無し

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/155-ff94ad9e

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。