【閲覧注意】ステーキハウスならぬスネークハウス! - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


【閲覧注意】ステーキハウスならぬスネークハウス!

hebi_no_ie.jpg
Photo:Standard Journal

爬虫類嫌いにはあまりにも残酷なありえない話。
身の毛もよだつ不幸に合ったのはアイダホ州片田舎のとある家を買ったベン・セッションとアンバーの夫婦。二人は買得価格に釣られてこの家を購入した。見た目は小奇麗な普通の家だ。

ベンとアンバーは、引っ越して2週間ほどで家の中にヘビを見かけるようになったという。はじめは「田舎だし、しばらく空き家になっていたのだがらヘビくらいいるだろう」、と軽く考えていたようだ。しかし、しばらくするとヘビの出現頻度は増え始め、アンバーは数日間に8匹のヘビを見つけたこともあるという。

アンバーはインターネットで「アイダホ、スネーク、ハウス」と検索を掛けたところ、ニュースサイトでヘビの家の記事を見つけた。その家とはまさにセッション家が住む家だったという。

もちろん一家はスネークハウスを離れることにした。
その為、ベン・アンバーは破産申告を余儀なくされ、現在スネークハウスは抵当に入っている。


困ったのはチェイス銀行より家の販売を依頼されたトッド・デイビス氏。調査を行ったところ、家には数千匹のガーター・スネークが住み着いていたという。水道水からはヘビが発する独特の匂いが混ざっているという。

デイビス氏は家に何も問題がなければ約14百万円の価値があると見積もっているが、現在は8.8百万円で売りに出されている。

基本的に値段を下げても問題解決にはならないと思うのだが。。

ga-ta-sune-ku.jpg
Photo:Animal Planet

ちなみにこれがガーター・スネーク。恐らく床下を破るとこんな光景が広がっているのだろう。夜中に絡まれちゃったりしたら意外といい夢見れたりして。

ソース:Standard Journal

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/140-be22eeee

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。