2億2千万円で落札された二体の恐竜の化石は◯◯の真っ最中だった - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


2億2千万円で落札された二体の恐竜の化石は◯◯の真っ最中だった

arosaurus_stegosaurus.jpg
Photo:PREHISTORIC WORLD

アメリカのオークション運営会社へリテージ・オークションズが12日に開催したオークションで目玉となったのは「戦う恐竜の化石」と「トリケラトプスの化石」だった。戦う恐竜ペアはアロサウルスとステゴサウルスの2体。ある博物館により275万ドル(約2億2千万円)にて、トリケラトプスの化石は個人収集家により66万ドル(約5千万円)にてそれぞれ落札された。

ダラスで行われた当オークションには、その他にも隕石、鉱物、化石など200点以上が出展されたという。

「戦う恐竜の化石」はワイオミング州で発掘された時、アロサウルスの顎がステゴサウルスの足に絡まる形であった為、戦闘の最中と考えられ、2体セットで出展されることとなった。


ヘリテージ・オークションズ社はこの化石を落札した博物館の名は明かしていないが、アメリカ国外であることだけを公表している。今の状況を考えると、残念ながら少なくとも日本ではないだろう。

「2体の化石が素晴らしい居場所を見つけて興奮している。彼らはジュラ紀の重要且つ象徴的な標本だ。この化石が発見される迄、アロサウルスとステゴサウルスが同じ時期に共存していたことすら分かっていなかったんだ。」
ヘリテージ・オクークションズのデビッド・ハスコウィッツ氏は語る。

しかし、気になるのはトリケラトプスの行方。個人で化石を購入し豪邸のエントランスに飾ったりするのだろうか。ハリウッドスターの住む豪邸の規模の違いを考えるとありえない話ではないが、もしそうなら悪趣味と言わざるを得ない。

ソース:GMANEWS

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/135-ee065eaa

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。