シーラカンスの寿命は100年以上!? - プラチナム テレスコープ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


シーラカンスの寿命は100年以上!?

shi-rakansu.jpg
Photo:MFS-Updates

世界最古の魚と言われるシーラカンス。
古くから生存していただけでなく、魚そのものも相当な長寿のようだ。

新たに発表された研究結果によると、シーラカンスの寿命は100年、もしくはそれ以上ということが分かった。
1938年にアフリカの海岸で発見されるまで、科学者達はシーラカンスは6千5百万年前に絶滅した有史以前の古代魚と考えていた。シーラカンスが再発見された後には、インド海西や太平洋西で複数の生魚が確認されている。生存地の相関関係に関しては未だに不明だ。

動物行動学者ハンス・フリッカー氏は語る、「人はシーラカンスを何度も捕獲して来たが、どれほどの数が存在するのか?違う海域からさまよって来ただけなのか?、詳しいことは何も分かっていない。」。


シーラカンスの研究を行ったフリッカー氏率いるチームは、セイシェルとマダガスカルの間の海域、コモロスの近海を研究の場に選んだ。信憑性のあるデータが不足していた為、研究は21年にも及んだという。

シーラカンスは160~200メートルの深海に生息する為、ダイバーが潜ることは不可能であり、チームは潜水艇を用いて写真やビデオで観察を行ってきた。シーラカンスは特徴のある白い模様がある為、研究チームはこれを目印として成魚を個別に識別出来たという。

ただ、不思議なことに、これまでに300~400匹というシーラカンスが確認されていながら、一度も稚魚・幼魚が確認出来ていない。

フリッカー氏達は、妊娠しているメスに追跡装置を付けたところ、その魚は深海に深く潜って行った。研究者達はシーラカンスが子供を生む為に深海に潜る習性があるという仮説を立てている。
不思議なことに、毎年3匹から4匹のシーラカンスの死亡が確認されるが、いつの間にかほぼ同数の成魚がどこからともなく現れるという。

1年間に確認できるシーラカンスの死亡率は約4.4%であり、これは魚種の中で最も低い数値だ。この事実よりフリッカーはシーラカンスの寿命を約103年と予測している。フリッカー氏は、死亡・増加数が低い事実こそが、シーラカンスの寿命の長さを示す根拠としている。

また、シーラカンスは経年による衰えが見られない為、その年齢を推し量るのは困難という。

通常うろこの年輪を見ればその魚の年齢が分かるが、シーラカンスにはこの方法が通用しない。シーラカンスのうろこはあまり変化が見られないのだ。

「1989年に何匹かの成魚の写真を撮ったのだが、その後、全く成長しないんだ。シーラカンスの年齢を見た目で判断するのは不可能だよ。」、フリッカー氏は語る。

未だに謎だらけの古代魚シーラカンス。
古生代デボン紀より中生代白亜紀末まで広く栄えたという化石種は太古に夢を馳せさせてくれる。謎の魚は謎を残したままで良い気がする。

ソース:NationalGeographic

関連記事

人気ブログランキングへ 
■お薦めサイト新着記事■


コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

http://platinumtelescope.blog69.fc2.com/tb.php/129-db104ab3

    
Copyright © プラチナム テレスコープ All Rights Reserved.
FXプライムの評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。